綺麗なウェディングドレスと素敵な住まい

高級賃貸住宅での新生活について

日本の特殊事情が生んだ高級賃貸ブーム

マンションやアパートさらには、一軒家にも賃貸住宅は増えてきています。
しかし、世界の先進国に比べたら中古物件は非常に日本では少ないのです。
一軒家はみなが新築で購入するものという認識が強く、それが当たり前で広く習慣となっていますが、アメリカなどは中古の一軒家が普通なのです。
ですから、新築物件を売りにだすと高値で取引されます。

日本では中古住宅は敬遠されています

しかし、日本の場合は新築でも誰かが住んでいた物件を売るとなると相当安くなってしまうのです。
住宅事情が日本は少し特殊なのです。
ですから、中古物件は残すことなく、つぶして駐車場など違う用途にしてしまう場合が多いのです。
その為、中古の一軒家というのは珍しいのです。

都会で増える高級賃貸マンション群

そして、賃貸住宅を狙うならば多くの人は、アパートやマンションなどを選ぶ場合が多いのです。
一軒家はどうやら誰かが住んでいたという形跡が色濃く残り、誰かがの思いいれが強いと神が宿るという日本独特の考え方が根強く残っているので、そういった家を選ばない傾向があることも、マンションなどに賃貸として暮らす人が多い理由になっているのです。
そうした事情の中、最近は都会や都心に構える高級マンションへ賃貸として暮らす人が多くなってきています。
特に新婚さんである程度、収入が見込める方は、多くが都心の高級賃貸を選択肢に入れています。
利便性が高く、ファッショナブルで、人を招くのも簡単だからです。
これは、時代の進歩、進化とも言えます。

駅近くの高層型タワーマンションが人気となっています

多くの人が居を構える都会では、土地代が高騰し、そして、土地が余っていないので、マンションとして高いタワー型の高層マンションにするしかないのです。
そして、駅から近いなど利便性に富んでいる場所にマンションは出来ますから、そういった場所は高級賃貸として販売している場所が多いのです。
高級賃貸はその家賃が高い代わりに、普通では味わえない贅沢を味わうことができることが魅力の一部となっています。

新着記事