【体験レポート】高級賃貸マンションに住んでみて

高級賃貸?それとも夢のマイホーム?

私は、夢のマイホームをどういった形態にしようか悩んでいました。
形態とは、一軒家が良いのかそれとも、マンションの分譲を購入すべきなのかを迷っていたのです。
どちらも一長一短ですし、メリットもあればデメリットもあるからです。

家庭を構えるなら一軒家を購入することも選択肢の1つ

一軒家であれば周囲の騒音に悩まされることもないですし、子供がはしゃいでいても何も気にする事もないのが魅力的です。
しかし、土地が余っている場所でしか建築することが当然できなく、さらに立地上、職場や学校から遠い場合も考えられます。
そういった事を考えると、一軒家での新築は田舎など、大都会ではない地方でしか建築することはできなさそうだなと感じました。
私としては、都会に住んだ方が、職場も駅も学校なども近いので、家族も不便な思いをしないで住むだろうなって考えていたんです。
そうすると、選択肢としてはマンションしかなくなります。

マンションなら立地の良さと費用負担の軽さが魅力

マンションは多くの場合そういった立地の良い場所に作ることが多くなってきているので、立地上はとっても魅力的です。
しかし、ちょっと古いマンションでは、構造が心配ですし、周囲への音への配慮もしなくてはいけません。
そこで考えたのが、高級賃貸マンションです。

私の選択は高級賃貸マンションでした

分譲で考えていましたが、マンションであれば賃貸のほうが良いかなって思っています。
もし、何かあれば移動することも容易ですし、そういった利便性はいかんなく発揮したいと思っていたからです。
ですから私は、高級賃貸マンションを借りることにしました。
高級感溢れるつくりの割りにはそこまで高くはないですし、耐震や防音の技術に関しても最新の技術を使用しています。
家族や子供の事を考えてみても、この方法のほうが良いと判断し、高級賃貸マンションに住むことにしたのです。